緊急/災害のとき

地震のとき

ガスを使用中に震度5相当以上の大きな揺れや衝撃を感知すると、ガスメーター(マイコンメーター)が自動的にガスを遮断します。 あわてず落ち着いて行動しましょう。


➊まずは身の安全を確保しましょう。

  • ・丈夫な机やテーブルなどの下にもぐり、身の安全を確保してください。
  • ・頭を座布団や雑誌などで保護して、揺れがおさまるのを待ちましょう。

➋揺れがおさまったら火を消してください。

  • ・器具栓を閉めて火を消し、ガス栓も閉めてください。
    ガスメーターによる遮断で火が消えている場合がありますので、ガス栓・器具栓の閉め忘れやガス機器の止め忘れがないよう確認してください。
  • ・地震で大きく揺れているときは、危ないので火に近づかないようにしてください。

➌換気扇や電気のスイッチには触れず、ガスくさくないか、ガス機器や設備など周囲に異常がないか確認してください。

  • ・ガスのにおいがしたら、火をつけたり換気扇や電気のスイッチには絶対に触れないでください。
    • ※火気は厳禁です!
      コンセントやスイッチは着火源となる火花がでるので、「ON・OFF」どちらもしないでください。 窓をあけ自然換気をして、すぐに最寄りの事業所までご連絡ください。
  • ・ガス機器本体に変形や破損等の異常がないか、接続部が外れたり破損していないか確認してください。
  • ・屋内外の給排気設備などは、排気筒の外れやへこみがないか、屋外の給気口がふさがっていないか確認してください。
  • ・ガスくさいときや避難するときは、ガス栓・器具栓およびガスメーターバルブ(メーターガス栓)、容器バルブをすべて閉めてください。

➍ふたたびガスを使うときは、安全を確認してください。

  • ・地震がおさまって、異常がなく、ガスのにおいがしなければ、ガス栓・器具栓を開けて、再び使用することができます。
  • ・ガスが出ないときは、ガスメーター(マイコンメーター)の表示を確認し、復帰操作を行ってください。
    • ■ガスメーターの安心機能と表示については   こちら
    • ■ガスメーターの復帰方法については   こちら
» 一覧へ戻る

火災のとき

➊屋外の容器バルブを閉めてください。


➋消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処置を頼んでください。

» 一覧へ戻る

台風・洪水の恐れがあるとき

➊屋外の容器バルブを閉めてください。


➋容器が倒れたり流されたりしていないか、しっかりと固定されているか確かめてください。

  • ・メーター等が冠水したときは、当社の点検を受けてからご使用ください。
» 一覧へ戻る

二次災害の防止

ガスくさいときや避難するときには、ガス栓・器具栓およびガスメーターバルブ(メーターガス栓)、容器バルブをすべて閉めてください。 二次災害の防止に役立ちます。


ガス栓・器具栓の閉めかた

ガス栓を閉めるときは、つまみを横に回すと閉まります。
器具栓は、ガス機器によって形状が異なります。

給湯器等のリモコンがある場合は、スイッチをOFFにしてください。


ガスメーターバルブ(メーターガス栓)の閉めかた

ガスメーターバルブ(メーターガス栓)を閉めるときは、ガス管に対してハンドルが垂直になるように回すと閉まります。


容器バルブの閉めかた

容器バルブを閉めるときは、時計と同じ右に回すと閉まります。

ただし、ガスが噴き出している場合には、危険ですので絶対に触らないでください。

» 一覧へ戻る
Copyright(c) 2016-2017 KyusyuSekiyuGas Inc. All Rights Reserved.